JUGEMテーマ:海外生活

 

 

新型コロナウィルス

 

アジアで猛威を振るう新型コロナウィルス。

スイスのボーディングスクールも頭を悩ませています。

 

今のところ中国からの留学生に対して帰国後の再入寮に感染の有無をチェックした証明書とそれから14日間経過後の陰性証明を求めるようですが、一律の規範というものがないので、各学校による対応ということになりそうですね。

 

いつ何時日本からの寮生も同じ扱いになるかわからない現状です。

 

現在はスキー休みといってもボーディングによって長期休暇を設定していないところもあり、まだ大事にはなっていないようですが。

 

3月の長期休暇をどうするのか、学校のみならず親御さんたちも頭を悩ませていらっしゃるようす。

 

お子さんを日本に戻さない、というのが多くのご意向のようですが。

しかし、その時期はヨーロッパでもバカンスシーズンで長期に宿泊といってもむつかしそう。

 

わが社にもお問い合わせをいただき、ちょうどアパートが空いているので1組の兄妹を受け入れることにしました。

 

長年おつきあいのあるお子さんたちなので受け入れ自体問題ではないのですが。

他にも頭を悩ませてらっしゃる方々も多いかと思いますので、わが社のアパートにうまく空きがある場合は受け付けています。

 

トレッソンヌさんにお預けしてれば安心だ、とおっしゃっていただけただけでもうれしいです。

 

自慢じゃないですが、スイスのエージェントで、衣食住のうち日本食と賃貸アパートを経営してるからこそできるサービスだと自負っしています。

 

日本のお米、冷凍ですが魚類の他日本食では他に負けません。

 

困ったときのトレッソンヌ、そんな存在でこれからもありたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

原点帰り

 

訳わからん題ですよね。

 

実は、先日なんでも鑑定団を観ていて・・・もちろんビデオですが、

 

我が家にはどんなものがあるかなって考えてました。

 

村山密リトグラフ

 

これは5年ほど前に100歳近くで亡くなられたパリ在住の画家の作品です。

実は家内も我が家も懇意にさせていただいてたフランス語の先生の叔父様がこの方。

そこで、ご縁もあるのでと無理を言って分けていただきました。

写真は・・・載せません(笑)

 

テッサロロ、片山子龍コラボ作品「象」

この作品は我が家にいただいたものと少し違います。

色はもっと青っぽく、3頭立てです。

 

 

ご覧いただくには子龍先生のブログにお入りください。

ここをクリックすると入れます。

 

 

片山先生は当社を設立して間もない頃、ジュネーブで個展を開かれたのがご縁でした。

 

その後、ご依頼をいただいて国連での個展の申し込みから受付まですべてのお世話。

 

その際に沢山の作品を頂戴し、今でも心を和ませてくれてます。

特に気に入ってるのが「あり」という作品と

「天城越え」の歌詞が書かれた作品。

 

 

 

まだまだいっぱいいただいたんですが・・・

そして、こんなものを見つけました。

 

すみません、片山先生のHPから無断拝借しました。

 

 

このポスターの最下段をご覧ください。って、読めないですよね。

部分拡大〜

 

 

そうなんです、トレッソンヌの名前が。

 

その他、人のつながりばかりが思い起こされ、形のあるものは本当にない。

 

=================================

 

 

そして、つい先日上の写真の中の女性Aが約9年ぶりに我が家を訪れてくれました。

彼女は日本の音大を出てからジュネーブ、フランスで学び、日本に戻って楽器を教えています。

 

 

今わが社のアパートに住んでる現ジュネーブ音楽学院生ゲンちゃんをよんで一緒にパーティ。

 

実は、ゲンちゃんとAは同じ高校の先輩後輩だったんです。

 

その他、今も日本で活躍しているリトミックの先生たち

バイロリンのくみ、めぐの姉妹やひろちゃん、みどりちゃん

 

うらら、みわこ等々・・・今は立派なお母様

 

で、この片山先生のポスター、そして彼女とゲンちゃんの出会いを振り返り、

2001年当時無我夢中でやっていた自分たち

ご縁の慶びを改めて見つめなおし、

 

原点に戻って人のために、自分のために

お金じゃない、笑顔を頂戴できるサービスに戻ろう

そう誓ったんで、ぜひ書いておきたかったんです。

 

最後まで読んで落ちがこれかい、ってお叱りの言葉もあるでしょう。

 

失ッ礼しました〜!

 

 

 

 

新年度の方針

 

新年あけましておめでとうございます。

今年は留学生の受け入れをさらに充実したいと思います。

具体的には日本の窓口を開設いたします。

担当はスイスでIBを取得してイギリスの大学出身者。

もう一人、高校時代にカナダ留学を経験し、上智を卒業。

 

この二人を新たに加えた新体制でスタートいたします。

 

また、今後はスイスだけでなくイギリス、カナダ留学も弊社サービスに加えていきたいと考えております。

 

IBアドバイザーや現地サポートの新戦力も加え、皆様のニーズに沿って行けるよう頑張る所存です。

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

トレッソンヌ一同


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM