一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 JUGEMテーマ:海外留学 − スイス・ジュネーブ

サマースクール 来年のために その2


では、来年のためにどの学校をお勧めしたいか、総括してみましょう。


入門コース


 ロゼ
やはりエンターテインメントに優れたロゼが一番かもしれませんね。
しかし、毎回思うことなのですが、日本人の子供達が2人5人10人とグループになって歩いてるのを観るにつけ、次回は別の学校を、と思ってしまいます。

ヴィレッジキャンプ
ここはキャンプ専門会社が運営するサマースクールの老舗。
とにかく休む間もなくアクティビティ。子供達が言葉で悩む暇も与えてくれない。

これまで参加された方に最も喜ばれています。

 プレフルーリ

この山の小さな学校は、大きなお子さんには可哀想かな?
でも、10歳未満には最高!
校長、寮長、生徒指導などの先生方がサマーも参加して子供達の面倒を見ます。

英語のプライベートレッスンや小グループレッスンも依頼できます。
最後にお子様の英語力に対するコメントももらえます。

英語入門編


 エコール ヌーベル
特にA1、A2というビギナークラスの英語力には最高。
時間が許せば是非ケンブリッジ英検集中コースへ。

ボーディングの責任者はこの学校一筋25年という大ベテラン。
彼がサマーも見守ります。
シャントマール(L'Ecole Chantemerle)
フランス語のボーディングスクールですが、サマーは英語コースもあり、特に語学と専門教科(フランス語とプログラミング、数学と英語等々)を組み合わせた集中コースは特筆もの。

お勧め

 コレージュ・ションピテ(College Champittet)
とにかく生徒の面倒をよく見ます。
毎日の様子を生徒目線で追いかけてるから安心して預けられます。
事故、病気の際の対応も早く、連絡も密に行ってくれます。
プレフルーリ
特に小さなお子様にお勧めしています。
授業以外の生活の多くはフランス語ですが、将来スイス・ボーディングへの入門には最適です。
 モンテローザ
語学教育に力を入れてますので、いくつかサマーを経験され、語学力で物足りなさを感じたらここにどうぞ。
ヴィレッジキャンプ
入門からリーダー教育、英語力教育には持ってこい。
スイスだけでなくイギリス、フランス、カナダ,、オーストリア、アメリカ、キプロスなど世界中で展開。

親子留学

 ヴィレッジキャンプ ジュネーブ デイキャンプ
我が家でもジュネーブに赴任して毎年お世話になったこのキャンプ。
息子も夏が過ぎると「英語が上手になったね」と友達や先生に言われてました。

子供たちの笑顔も最高でしょ!?




特別推薦

 St George's School

終了が早いので日本からの方にはお勧めし難い学校です。

しかし、学校全体に流れる「チームワーク」は、イギリスのハウスシステム、にスイス独特のシステムを加え、イギリスのハウスシステムより横のつながりを広く持ち、ハウスシステムの立てのつながりの良さを更に増幅させているように思います。

サマーだけでなく通年もその暖かさだけでなく「IBの成績」にも確実に現れてきています。

昔のセントジョージにはない良さ、体験してみてください。

セントジョージスクールのサマースクールプロモーションビデオ

2014サマースクール








  • -
  • 19:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM