一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

スイス 私立高 ヴォー州(ローザンヌ)編 3


さて、ヴォー州と言ってもその広さはジュネーブの数倍。
そこで、各エリア(当社基準)により分けて行きたいと思います。

ニオン近郊(コペ〜モルジュ)

中世を思わせる街並みで特にアメリカ人に人気の地区。

この地区を代表するボーディングスクール・・・というより世界的に有名な、と言うべきでしょうね。

また、ボーディングスクールはローザンヌからモントルーと東に行くに従い増えてきますが、この地区にはお隣ジュネーブのヴェルソワにCDL、それ以外にありません。

そこで、ロゼ以外でスイス人やこの地に住む外国人から人気の学校をいくつか紹介いたしましょう。


1.ロゼ
Le Rosey



ジュネーブ空港から約40分。

ジュニアから高校、6歳から18歳まで約400人が全員寄宿舎で学びます。
近年、高校から転入を奨励しています。
IBの成績も上昇中。
平均30ポイントは可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

ただ、その反動でジュニアから上がるに従って付いて行けくて学校を去る生徒も増えています。

うわさ:今年9月からに生徒数が昨年より1割以上少なくなっているそうです。気になるところですね。

2.ECOLINT−シャティネリー


ECOLE INTERNATIONALE DE GENEVE - LA CHÂTAIGNERAIE







ジュネーブ・インターECOLINTの4キャンパスの一つ。
古い建物と新しい建物が混在しています。


同学の中で最も成績優秀で知られており、IBでは毎年満点の生徒を輩出。
また、アメリカ系が多く、有名大学にも数多く巣立って行きます。
(近年、ナシオン校が追いつき、追い越すか?)

私どもの知人の子供達も多くがここからカ大バークレーやEPFLなどに進みました。
わが社によく遊びに来てくれてた愚息のガールフレンドは満点をとり、ニューヨーク州立大に進みました。
何故ハーバードじゃないのってい訊いたら、好きな先生が居るからって・・・しっかりしてます。

この学校はジュネーブインターですが、ヴォー州コペ近くにあります。


3.コレージュ・シャンピテ ニオン校
COLLÈGE CHAMPITTET NYON

ローザンヌにあるコレージュ・ションピテのニオン分校で、ボーディングがありません。
また、1歳から15歳までとより小さな子供を対象としています。

4.エコール・モゼー

ECOLE MOSER

大きな目標をスイスマチュリテに置く学校ですが、英語、特にIELTSの取得を目指し、近年ハーバードやLSE、タフツなどアメリカの有名校にも進んでいます。

学校はMoser財団に運営され、現在にオンのほかジュネーブ、ドイツのベルリンにもキャンパスがあります。

ジュネーブでも有名な学校の一つです。


参考 ニュースクール

現在、ローザンヌの手前ETOYに新たなインターナショナルスクールが建設中。
アラブ系資金によるもので、今後どのような展開を見せてくれるでしょう。




  • -
  • 18:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM