一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:日々のくらし
 

ジューン・ジェネヴォア


Jeûne genevois



              
これ↑ ジュネーブの紋章です

ジュネーブはプロテスタントにとってのバチカンなんです。
もっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ジュネーブ・・・プロテスタントのバチカン



今日はジュネーブだけが休み。

ジューン・ジェネヴォアとは

嘗て、新教徒プロテスタントは、フランスでユグノーと呼ばれていました。
ユグノーの起こりは、1518年マルティン・ルターの書物によりドイツ・スイスの宗教改革はフランスに伝わりました。
その後、ジュネーブに生まれたジャン・カルバンによりジュネーブがプロテスタントの聖地となりました。

*ちなみに1559年カルバンにより設立された神学校が現在のジュネーブ大学。
創立455年になります。

フランスではプロテスタントの蔑称としてユグノーと呼びました。

そのユグノーとカソリックの間で約40年にわたる激しい戦争が起こりました。
所謂ユグノー戦争です。

そして、1572年8月24日何千人ものユグノーが虐殺されたサン・ベルテルミの虐殺が起こります。

スイスは、9月第3日曜日を虐殺により亡くなった方々を断食をおこなって亡くなった方々を悼しみます。

しかし、ジュネーブだけは9月第一日曜日の後の木曜日を「ジューン・ジェネヴォア」として5月1日の祝日を返上して祝日と定めました。

だから5月1日はスイスの他の州は休みですが、ジュネーブでは普通の日。
反対に今日は他の州は平日ですが、ジュネーブは祝日。

そして、断食祭に食すことを許されたプルーンを使ったタルトをいただきます。





でも、これはプルーンと言わないんですよ。
Tarte Pruneaux・・・タルト・プルノー

生の物がプルーン、ドライやペースト状のものがプルノー。

でも、ドライにする物はプルノーとして売ってますが・・・
ジューン・ジェネヴォアの前になると篭いっぱいのプルノーがどのスーパーでも山積み。

このプルノー、生食用のプルーンよりずっと甘いんですよ!


*************************************************************

ここでお勉強 (^^)!

迫害されたユグノーは、スイスに沢山移民しました。

そのユグノーによりもたらされた物が、時計産業であり銀行業務なんです。
そして、それら(精密工業も含め)は今もスイスの産業の根幹をなしています。

*************************************************************


いや〜、付け焼刃にしてもこのブログ書くために沢山勉強したなあ(^−^)




  • -
  • 01:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM