一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

フランス語ボーディングの勧め

幼児からの他言語教育は「是」か「非」か





またぞろ2018年からの英語の義務教育化の是非が問われているようです。
私自身は、賛成派です。

我々の年代で通訳者として有名な鳥飼玖美子立教大学教授は、臨界期とされる年齢以降に英語を身につけた例をあげて、「英語早期教育よりも母語(国語)の教育が重要で、中学高校での英語教育が重要だ」と説いた。

スイスの研究

多言語国家として有名なスイスでは、チューリッヒ工科大学の研究のように、子供の頭の中にパーティションができる年齢がある。
それによって、英語は英語、フランス語はフランス語の部分を使って考えるようにある、と他言語習得に肯定的である。

また、小さな子供に通訳をさせてはいけない、という研究者もいる。
すなわち、子供の頭の中でパーティションにより相互の語学がつながりを持たないため、無理やり持たせようとすると混乱をきたすのである。
横のつながりを持ち始めるのは16歳前後からだと言われています。

これらは本の受け売りです(^◇^)

では、母語(日本語)をしっかり学ぶ事と他言語を学ぶ事がお互いを阻害することがないのであれば、何故このような議論が起こるのか。

それは、教育者の資質の問題であり、社会の構造が単一民族過ぎるからだではないでしょうか。

教育の問題は、英語教師が従来通り「英語」を読み、「日本語」に訳す、というしてはいけない事をしているからです。

また、日常英語を使う機会が少ないからでしょう。

ところが、スイスでは1つの言語だけでなく他言語を完璧に習得させる教育を行っています。
それもフランス語のボーディングで。

ある学校は幼稚園児から高校卒業までの約15の学年が同じキャンパスで学んでいます。
さらに、寄宿舎もあり、生徒の約1割が海外からの寄宿生。

母語はフランス語。
しかし、幼稚園児から英語教育が始まります。
そして、小学校では英語の教育ではなく、毎日英語を使う、すなわち話す機会を作ります。
小学校の高学年(小学5,6年生)から英語の勉強が始まります。

授業の3割、そして、コアになる科目の一つを英語で行います。
もちろん英語の授業もあります。

そして、中学卒業時に次のコースを選びます。
1.スイス・マチュリテ
フランス語での大学入試資格で、13教科を受験します。
2.国際バカロレア(以下IB)
バカロレアは、更に以下の3つのコースに分かれます。
.侫薀鵐晃
英語
1僉κバイリンガル

英語はIBコースからより本格的になります。

この学校では各言語の検定試験にも熱心で、
英語はケンブリッジ英検、TOEFL、IELTSなどを受験します。

以下は、あるブログからお借りした表ですが、各検定のレベル比較です。
ケンブリッジのCPEはネイティブでも取れないと言われるくらい難しいものです。


Level

英検

TOEIC

TOEFL(iBT/CBT)

IELTS

Cambridge

10

 

 

117-120/285-300

8.0-

CPE

9

 

960-990

110-117/270-285

7.5-8.0

 

8

1

900-960

104-110/258-270

7.0-7.5

CAE

7

 

840-900

97-104/245-258

6.5-7.0

 

6

1

740-840

80-97/213-245

5.5-6.5

FCE

5

 

640-740

68-80/190-213

5.0-5.5

 

4

2

540-640

56-68/160-190

4.5-5.0

PET

3

2

400-540

46-56/133-160

4.0-4.5

 

2

3

200-400

32-46/97-133

3

KET

1

4

 

 

 

 



















この学校では、フランス語は大学で学べる力を有するC2、C1レベルになります。
英語習得も最低ケンブリッジFCEから最高はもちろんCPE。

これは、アメリカの有名大学が求めるTOEFL ibtのレベルを十分クリアする力があります。


**************************************


ちなみに、あるブログからコピーしてきた情報ですが、

公開されている37校のiBT公開スコアの平均は95.76(120点満点)。このスコアはアメリカの主要大学への留学にあたって、一つの目安となりそう だ。留学生数ランキングTOP20校の平均スコアは86.65点(72.2%)で、もっともスコアが高いのは「メリーランド大学カレッジパーク校」の 105点(87.5%)。

アイビー・リーグ8校の平均スコアは101.5点(84.6%)で、もっともスコアが高いのは「ペンシルベニア 大学」の112点(93.3%)。なお、ハーバード大学はTOEFLが考慮されない。名門リベラルアーツ(リトルアイビー)13校の平均スコアは 99.13点(82.6%)で、もっともスコアが高いのは「スワースモア大学」の112点(93.3%)となった。

**************************************

例に出した学校の場合、スイスの両工科大学はもちろん、英語ではアメリカのハーバードを始め、イギリスのオックスブリッジ、ロンドンなどに進んでいます。

ちなみにIBの平均点は32点。

どうしても英語のボーディングで国際人に〜!


なんて思う必要ないです。

フランス語のボーディングスクールでも英語は習得できます。



そして、アジアからの留学生も少ない(*^^)v

  • -
  • 08:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM