一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

 子供達の英語力


スイスのボーディングに子供を入れて、果たしてどのくらいの英語力を身につけてくれるんだろう。
それなら英語ネイティブの国に留学させた方が良いんじゃないの?

お考えは色々あると思いますので、何処が良いかは此処では論じません。


****************************************


しかし、こんな裏技も・・・(*^^)v

上智経営学部 海外就学経験者
 「 外国語検定試験による出願基準 」(PDF)

例えば一番厳しい経営の場合、

TOEFL IBT  TOEIC  英検   IELTS   独検  ゲーテ    DELF
  68    700   準1級   5.5    2級   B1      A2

どうですか?
出願基準ですからこれで受かると言うわけでもありませんが、フランス語ってこんなに楽なんですよ!
以下の写真のレベル比較参考にしてください。A2がどの程度なのかご理解いただけるでしょう(^−^)

もちろん万能ではありません。フランス語を採用していない学部の方が多いので(-_-)

****************************************

さて、英語レベルの比較ですが、ある大学留学者向けの英語塾の比較表に
ヨーロッパ基準cefr、更に筑波大学、上智大学の出願基準も加えて一覧表を作ってみました。



*近日中にもっと大きなファイルをHPからダウンロードできるようにします。

どうもTOEICに対する評価が高すぎるようですね。
世界ではほとんど認知されていない、日本と韓国のみと言っても過言でない検定なんですが(*^_^*)

国際バカロレアを受けるには中学卒業時には最低B2が求められますし、大体そのレベルには到達します。

このB2レベルというのは、ほぼ上智大学経営学科で求められる出願基準なんですよ!

だから、将来は日本に戻って有名大学へ、という方にも決してスイスのボーディングは不利ではないですよ。

あ、ちなみにフランス語も学校の授業を取ってればB2レベルにはなりますので(^−^)

さて、フランス語資格は国際機関就職にも有利・・・日を改めて書きますね!



で、肝心の子供達がどのくらいの習熟度を見せるのかって?

・・・・
・・・・
明日にしましょう。眠い・・・

  • -
  • 07:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM