JUGEMテーマ:海外生活
 

出会い


スイスで日本の方のお世話をするようになって、様々な方とのご縁ができた。

かつて書画の大家、プロのための教授が来られた際に、何点か書いてくださった。
そして、政府関係の方の転勤にその書を差し上げた。

ある時、その方からジュネーブに来るとの連絡をいただき、お会いすると、写真を一枚くださった。

ある国の大使公邸に飾られているその書。
それを紹介する記事のコピーであった。

今もあの地で公邸を飾っているのだろうか。


ある大学教授のお世話をした。
とても気さくな教授と奥様


そして、ある所でその方のお名前を見つけた。
そこには○○研究の世界的大家とある・・・


ある方は、世界史研究の某大学の教授。
ところがその方の研究課題は、なんと1600年前後のジュネーブ史。
そんな狭い時代を・・・と思ったが、のちのイタリア国家樹立につながる面白い時代なのだ。

そして、その時代の第一人者であることを後に知ることになる・・・


スイスに来る方は総じて研究関係が多い。


そして今日、或る記事で懐かしい方の名前を発見。

元記事はこれ

まるでアメンボ!韓国製災害用ロボットは水面をジャンプする 



そして、記事の中にこんな動画が・・・動画を埋め込めないので、リンクを

HARoーI

日本でもアメンボロボットを研究しているという。
中央大学・・・???
中村研究室・・・?!?!?!

そして、中央大学のサイトに飛ぶと・・・おおお〜〜〜〜


いや〜、先生お元気でした?

いまから3年前。
それまで学生の依頼はあったが、ファミリー向けアパートは初めて。

中々見つからないある日、連絡先が個人の方の物件に思い切って電話。
そして、見つけたのがこのアパート




家具付2寝室とご希望通り。
そして、温水プール、サウナ、アスレチックジム付の優れもの。





先生のおかげで今も日本の方にお使いいただいてますよ〜!


ご活躍の様子を拝見するだけですが、わがことのようにうれしい(#^^#)



  • -
  • 07:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
nakamura様

こちらこそご無沙汰しております。
記事の中にご主人の写真を拝見し、うれしくなって了解も得ず書いてしまいました。

本当に早いものですね。
私共もnakamura様のおかげでローザンヌの物件紹介も広げることができ、今年もEPFL関係だけで4件ご紹介できました。

家内ともどもまたスイスでお会いできることを願っております。

ご主人、お子様たちにくれぐれもよろしくお伝えください。
  • パパ
  • 2015/08/15 07:22
いろいろ思い出し、久しぶりにこちらのブログを覗いてみると、主人の名前が出ていてびっくり!!
あの時はお世話になりました。もう3年経つのですね。
書きたいことは山ほどありますが、スイスの思い出は私も子供たちもすぐ鮮やかに思い出すことができます。
いつかまた、スイスでお会いしたいですね。
  • nakamura
  • 2015/08/14 22:07





   
この記事のトラックバックURL : http://tresso.jugem.jp/trackback/656

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM