エコールレマニア2

 

さて、エコールレマニアについて、こちらもまだはっきりとつかみきれません。

ローザンヌ市内にあるインターの宿命と申しましょうか、大きな運動場がほとんどなく、市の公共施設を利用するケースがほとんどです。

ジュネーブ州でも公共の施設は近隣の学校の無料使用を義務付けています。

 

寮から見えるレマン湖。寮の前はアパルトマン

 

この学校の校章はランプ。

きっと願いをかなえてくれることでしょう!

 

 

 

 

しかし、この学校には他の学校にない良い面があります。

実は、体験留学の話を頂戴し、いくつか学校に問い合わせました。

そんな中でこのレマニアの存在が浮かび上がりました。

 

  1. これまでに親子で1か月体験留学を認めた例がある。
  2. サマースクールで親子体験も可能だ。

 

例えば1週間一緒に生活し、保護者の方には英語やフランス語の勉強、お子様は体験入学。

こんな方法も空きさえあれば可能なんです。

 

  1. うちの子供は寮生活に耐えられるんだろうか
  2. 親も一緒に生活してみて寮生活を体験してみよう

日本人が全くいないこの学校の実力は未知数で、今後進学成績など数年間の実績をもらい、評価していく予定です。

しかし、親子留学という利用法で見るならこの学校の希少性がクローズアップされると信じております。

 

 

 

 

 

  • -
  • 20:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM