一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:海外留学 − スイス・ジュネーブ

 

IBコンサルティングマネージャーは見た

 

英語にどう立ち向かうのか

ボーディングスクールの実際

 

 

IBコンサルタントの河田寛子です。

今日で5回目。

 

 

初めて当ブログにいらっしゃった方へ

 

これから海外留学をお考えの方、ご両親、英語やその他の勉強をどのように進めていけば良いのかなど、生活や学校の授業の中から皆様にお伝えできればと思います。

あ、自己紹介忘れてましたね。私はイギリス・スイス国籍で、インターナショナルスクールの英語教師をしている旦那一人と・・・普通一人ですよね(笑)

長男と長女、そして見目麗しきおばさんの4人家族です。

留学は高校の時にアメリカへ、そしてヨーロッパ各国でIB関係の指導を行い、スイスへ。

現在はIB英語、日本語、経済などを家庭教師として教えています。

 

 

 

・スイス−幼少で留学、その良さは…

 

〇劼匹發禄斉霎もありすぐ英語は覚える!?


確かにそうかもしれません。

アメリカやイギリスの学校はネイティブが通う学校に行くことになり、レベルはかなり高い。

言い換えれば、日本の小学校に日本語が全く話せない子どもが入学するのと同じです。

この状態では、レベル云々の問題など関係なくついて行くこと自体大変です。

 

「子どもは柔軟性もありすぐ英語は覚える!」

 

これに関して答えはイエスとノーです。

環境には慣れます…が子ども達の性格によるものが大変大きいです。

 

スイスの環境は、全員がネイティブではなく、子供自身も自分たちが経験しているケースが多いのです。

 

 

一年経ったら英語が話せる!


はい、話せます。

生活に必要な日常会話はできるようになるのが1年くらいです。

しかし、この時期の英語は所謂「ブロークンイングリッシュ」です。

でもここまで来るのにみんなとても頑張っています。

やっと一つ階段を登れました。


マルチカルチャー

 

スイスには生まれ育ち、そして文化が違う人々が4種類生活しています。

だから他の文化を排除しようとするのではなく、理解しようという気風があります。

 

言葉もできないお子さんを送り出しても安心できる素地がありますよ。

 

ぅ泪襯船薀鵐押璽

 

スイスのボーディングスクールは二種類あります。

●生活はフランス語で

●すべて英語で

 

小さなお子さんを預かるプレスクールやジュニアの場合、学校の授業は英語でも寮の中での言語はフランス語です。

マルチランゲージになれているスイスでは教え方も非常に上手で、中にはフランス語を先に覚えるお子さんもいます。

 

英語だけで生活している寮の子供たちも毎日一時間のフランス語で日常生活に困らないくらいフランス語を理解します。

 

あるボーディングスクールでは、かつて英語のコースを採用していませんでした。

フランス語だけのプログラム、でもハーバードに入れるだけの英語を習得したそうです。

 

いまや英語だけでなくフランス語、スペイン語、中国語なども求められる社会。

 

同じ費用でフランス語も習得できるスイスってとってもお得ですよ!

 

 

 

  • -
  • 03:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM