一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

 

大学世界ランキング2016−2017

 

 

先日、THE世界大学ランキングが発表されました。

上位の顔ぶれに変化が・・・

 

なんと、オックスフォードがついにトップ!

ハーバードが6位・・・

 

そして、ベスト10に英米外の大学・・・チューリッヒ連邦工科大学!!!!!

いや〜、単科大学でここまで。

それだけじゃないんですよ。

EPFL・・・ローザンヌ連邦工科大学も30位。

 

ETHZ・・・チューリッヒ中央駅から小高い丘の上にキャンパスが見えます。

 

 

一方、EPFLはレマン湖畔に広大なキャンパス。

お隣にローザンヌ大学キャンパスがあり、一角はまさに学園都市。

 

 

THE世界大学ランキングTOP10【2016-2017】

 

1 オックスフォード大学 UK
2 カリフォルニア工科大学 USA
3 スタンフォード大学 USA
4 ケンブリッジ大学 UK
5 マサチューセッツ工科大学(MIT) USA
6 ハーバード大学 USA
7 プリンストン大学 USA
8 インペリアル・カレッジ・ロンドン UK
9 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ) スイス
10 カリフォルニア大学バークレー校 USA
10 シカゴ大学

USA

 

世界的に有名なもう一つのランキングはというと、QS。

こちらの方がより学術的な色合いが濃いのだそうですが・・・

 

QS世界大学ランキングTOP10【2016-2017】

順位 大学名
1 マサチューセッツ工科大学(MIT) USA
2 スタンフォード大学 USA
3 ハーバード大学 USA
4 ケンブリッジ大学 UK
5 カリフォルニア工科大学(Caltech) USA
6 オックスフォード大学 UK
7 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) UK
8 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ) スイス
9 インペリアル・カレッジ・ロンドン UK
10 シカゴ大学

USA

 

 

大方は変わりませんが、QSにはTHEの上位常連校であるUCバークレーがはずれ、ロンドン大学が入っています。

それにしてもUCバークレーがトップ10に入ってないなんて(-_-;)

 

英米以外の大学ではチューリッヒ連邦工科大学(ETHZ)がやはりベスト10に入り、ローザンヌ連邦工科大学(EPFL)が14位と大躍進。

 

トップ100を見ると、THEでは上記2校以外ではバーゼル大学がかろうじて入っただけですが、QSでは州立の両雄チューリッヒ大学とジュネーブ大学がそれぞれ80位と95位にランクされています。

 

ただ、スイスの大学はどの大学も入るには簡単・・・ではないですが(^_^;)

ちなみに両大学入学資格は国際バカロレアで評価すると38〜41ないと入れません。

 

この成績ならトップ10のどの大学でも入れますよね。

 

 この両校にクラスの40%が進学するというボーディングスクールもあります。 

 問合せいただければいつでもお教えします!

 

 

卒業はものすごく難しく、ETHZやEPFLは入学者の20%程度しか卒業できません。

 

 

この2校、大学院・博士課程には日本円で50万円近い給与が支払われます。全員がもらえるのかどうかはわかりませんが。

この給与を目指してアメリカの有名大学卒業生も大挙してきます。

 

さて、あなたならどの大学に行きますか?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

パリにて

 

今朝早くジュネーブを出てパリに来てます。

 

ジュネーブでは多少地面が濡れてたもののそれほど大したことなく・・・

 

ジュネーブを出ると列車はデジョンに向かってジュラ山脈の間を縫って走るローヌ川に沿って走ります。

途中、畑、木々、家々は白く雪に埋もれてる。

嫌な気分でしばらく走ると青空が見え始め、これなら安心と眠ってしまった。

 

気がつくと到着20分前。

外は雨模様。

 

当然雨の用意などしておらず、またパリは暖かそうなので、マフラーも手袋もなし。

ところが、明日は最低気温マイナス2度とのこと。

 

冷えてる冷えてる。

特にメトロの出口付近は風が舞って寒いのなんのって。

 

KIOKOで食材を買い付けた後、夜はいつものきよ水で食事。

今回買えなかった食材もきよ水には入ってるそうで、これが届いたやつです、と見せてくれた花穂はピンクが綺麗。

またべにたても赤い色が鮮やかで・・・

 

 

日本だと刺身の横に乗ってますよね。

ところが、こちらではそれぞれ1つずつ空輸しなければならないし、水々しさが命なので多くは取らない。

 

この食材を探して何千里。

次回は予約入れたから大丈夫ですが、今回もダメだった。

 

きよ水さんで頂いたれんこんのしんじょ。

お任せコースのお客様にしか出してないらしいけど、静かなブーム。

 

いつもは餡をかけるらしいが、今回は麺つゆでいただいた。

美味しかった〜

 

 

 

 

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

スイスに着いたらまずすること

 

 

先日、Rちゃんが泣きついてきた。

携帯を盗まれたそうな。

 

早速ポリスに出かけるも当然手がかりになるような届け物はなし。

いくつか事情聴取されて、犯人はロマ(日本ではジプシーと言われる)か、南米ペルー近辺のインディオらしい。

 

 

デパートで商品ケースにお尻を向けて二人で話してたらしい。

そしてRちゃんはバッグに無造作に携帯を入れ、チャックを閉めてなかったよし。

 

幸い財布にはがっっちりとチェーンが付けられていたので無事。

 

お母様がよくできた方で、携帯の製造番号、価格、カバーのメーカーや価格(レシートは大切ですね!)などなど全てメモしてらっしゃった。

 

ポリスに届け出る必要性はというと、保険会社に届け出る際に警察からもらった書類の番号が必要だからです。

 

結果、戻ってくるお金は7万円強!

 

スイスには家の家財や家事等のアクシデントに備え義務保険があります。

しかし、それだけでは十分じゃないんです。

 

最低限の保険に比べ割高にはなりますが、スリなどの多い国柄、外でのアクシデントもカバーしてもらえる保険を追加しないとダメなんです。

 

幸いRちゃんは当社のアドバイスに従ってその保険をかけてました。

その結果、持ってたバージョンより新しいものが買えそうです。

 

どうぞ当社にご相談くださいね。

 

あ、ちなみに当社のサービスは有料ですが☺

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

同じ内容ですが、ある人は義務保険に掛かるアドバイスを受けておらず、入ってなかった。

ところが、泥棒に室内を荒らされ携帯その他盗まれた。

 

もちろん保険のカバーはなしです。

 

 

1万円程のコスト増ですが、転ばぬ先の杖。

先達の知恵はどんどん利用してくださいね😃

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM