一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

最近の生活

 

 

最近、とみに体が衰え、足のあちこちに痛みが走る今日この頃。

 

何とかしないとと、始めたのがこれ!

 

 

これが結構早くって難しい。

 

平均年齢は還暦を超えてると思われるが、皆さんお元気。

孫の服を借りてきたのかと見まごう超ミニドレスの元お嬢様も( *´艸`)

 

と、元IBが言っとります(^^♪

 

 

火曜日がレッスン日、金曜日がライブ。

ライブは9時半から12時半まで。

 

地元の友達も増えて・・・少し若返ったかな?(^^♪

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

 

花の都の買い出し3

 

さて、きよ水さんを出て日本食街サンタンヌ(Rue Sainte Anne)通りへ

 

まだ少し時間が早かったので、お茶でも、と近くのパサージュへ

 

 

 

そしたらあ〜るじゃないですか、面白いお店が( *´艸`)

 

その名もトトロの店・・・じゃないとは思うけど、全面にトトロ

 

 

さすがパリだなあ、と変な関心をしながらお店の近くに行くと・・・これまた皆さんご存知の〜!

 

 

なんと「Book off」!

 

思わず単行本を2冊買いました。しめて7ユーロは安い!

 

とまあ横道にそれながら目指すKIOKOさんへ

 

店に入るとたくさんのお客様。

かきわけかきわけスタッフにお願いして写真を撮らせてもらった。

今回の目的は卸価格の相談とレストランから頼まれた日本から入った生鮮野菜の調達。

 

わさびや茗荷、大葉などはこちらにもあるけど、香りが全く違う。

これらも値段次第で取り寄せたいと・・・

 

日本の万能ねぎも重宝します。お隣のネバリスターとは長いも。

 

 

ロング・グリーンオニオンとはネギのこと。

 

 

 

これはエジプト産のネギ。

香が少なくて・・・

 

 

お漬物

 

これはスイスに入れる際も非常に難しい。

とにかく添加物が多いので(-_-;)

 

すでにEUに入ってるとスイスは入れ易い。

 

 

KIOKOさんには商品リストから売りあげ、売れ筋商品までいろいろ教えていただき

さらに卸もこちらの都合に合わせてと、相当譲歩していただきました。

 

野菜はこれから輸入許可を取らなければならないので、すぐにというわけにはいかないけど、現在商品を選定中(^^)/

 

 

ところで、こんな商品も

日清やきそばなんだけど、欧州産。ドイツで作ってるというから商品には問題ないと思うけど、お味は(~_~メ)

 

我々には毒々しいパッケージなんだけど、こちらではすごく売れてるらしい。

 

スイスのスーパーでも売ってるので味見しなくちゃ(^_^;)

 

 

また、ほかのミッションとしては、日本の和牛肉の仕入れ。

これもどこで手に入るか分かったので、次に行くときはそちらの商談も。

 

わが社の存在意義がおぼろげながら見えてきた(^^♪

 

さて、次はいつ行けるでしょう。

TGV予約しなくっちゃ(^^)/

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

花の都の買い出し2

 

 

先週は今年一番の寒さとなったヨーロッパ。

 

ジュネーブでも最低マイナス7度8度、最高がマイナス2度、3度と冷凍庫の中に沈没してしまった。

そんな中、パリに向かって格安のTGVを予約

往きが29フラン、約3000円。帰りが少し高くて44フラン約5000円弱。

 

いざパリへ

 

 

ジュネーブ・コルナバン駅にはスイスとフランスが混在する。

ホームに上がる前に移民局と税関を通過、このホームの上はすでにフランスである。

 

そして、満員のTGVに乗り込んで3時間と20分の旅。

 

 

ひと眠りして・・・

 

到着〜!

 

 

リヨン駅は寒々としてたけれど、夢に向かって心はカッチカチ・・・ではなくアッツアツ!

 

今回は三ツ星ながら60ユーロ、約7000円でダブルベッドのシングルユース、バス付のホテルが取れた。

モンマルトルの近く・・・そして、乗り換えの足場となったのが地下鉄レピュブリック駅・・・テロ事件の現場の一つであり、バタクラン劇場も近く・・・

 

暗くなってからホテルに帰るのは少し怖かった・・・

 

でも、何が嫌だったかというと、ドイツ人観光客の夜中の大騒ぎ。

 

旅行中の彼らは、日本人が想像してるような紳士ではない(~_~メ)

 

 

翌朝は朝早くからバスティーユ広場近くのパリ最大といわれるマルシェにお邪魔

8時半でもまだまだ準備中

 

目的は、日本の青首大根や鮮魚では活アワビが売られてることがあるということだったけど、残念ながらジュネーブやその近郊のフランスのマルシェとほとんど変わらず・・・

 

ただ、確かに大きい!

全体像がとらえきれないくらい。そして開店準備中のところが多く、近くで写真撮ると怖い顔(^_^;)

 

 

 

 

向こうにそびえる塔がバスティーユ広場・・・フランス革命はここから始まりました。

 

さて、卸会社とは午後一番から時間を割いてもらってるので、2時まで時間つぶし。

見るべきものもないマルシェを後に、一路・・・ギャラリー・ラファイエットへ(^_^;)

 

相変わらずメインビルには中国人の爆買い。

 

でも、私は道路を挟んだ斜め向かいのラ・メゾン ル・グルメへ

 

 

そして、お目当てはこのチョコレート

 


 

 

 

 

マカロンの焼き具合は最高だったけど、チョコそのものは大したことないなあ・・・なんていうと袋叩?(^_^;)

 

いまや日本のあちこちにあるらしい「Jean-Paul Hévin ジャンポール・エヴァン

 

平日ということもあるんでしょうが、店はガラガラ。

店員さんに頼んで写真を撮らせてもらいました。

 

それにしても・・・

 

さて、どこかで食事して次に行かなくちゃ。

 

そして選んだのがシャンゼリゼ通りのすぐ裏にあるレストラン「きよ水」

 

 

電話したところ予約でいっぱいだということだったのですが、そこを何とか、とカウンターに席を作ってもらいました。

すき焼き定食を選んだのですが、お刺身と一人用すき焼きでお値段はリーズナブル!

スイスだとこの倍は取られるな・・・

 

 

 

12時半を過ぎると店はどんどん混んできて、空いてる席がないほど。

板長さんに日本の野菜の仕入れやアワビ、あるいは和牛などの購入方法を教えてもらい、早々に退散

 

そして、目指すはKIOKO

 

ということで、続きは明日(^_^;)


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM